4pointsギターコーラスの日記


by lily_glico

トライアングル

息を吐いた 君には 気づかれてた
君の最期を 見下ろす目を
空のしぐさを 繰り返して
赤い靴底減らす

照らしていて 君の頭ん中で 比べないで みていて

ぬるい喉の記憶を 落としてなお
統べる流れに逆らっていく?
そらの言葉を 繰り返して
赤いてのひらすすぐ

ふるわせて 音の境めがけて 踏み荒らす 気づかず

君の声を聞いた 触れてなおさら
溶けた体温は やがて 滴をおとした

言葉にできないように
声を重ねて 重ねた
消えないように

声を聞いた 触れてなおさら
溶けた体温は やがて 滴をおとした

君に恋をした 触れてなおさら
溶けた体温は いつか 滴にかわって

恋をした 触れてさよなら





4pointsの歌のなかで(私の書く詩のなかで)、

一番、

バンドに向き合った歌です。
[PR]
by lily_glico | 2009-03-16 07:12